唐津焼の歴史と今
唐津焼の起源は諸説ありますが、安土桃山時代、佐賀県唐津の岸岳(きしだけ)という地で、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に渡ってきた陶工が始めたとされています。登り窯や、蹴ロクロ、釉薬法など、朝鮮渡来の技術によって作風や種類も豊かになり、日本全国に流通したことで唐津焼は日本を代表する焼物となりました。また、古くから茶の世界では、「一井戸二楽三唐津」という茶碗の格付けがあるように、多くの茶人に愛され、江戸時代には唐津藩の御用窯として発展しました。
唐津焼には、「作り手八分、使い手二分」という言葉があり、作って完成ではなく、使ってもらってこそ真の完成という意味を持っています。器は生活の一部になってこそ、その美しさを発揮するという考え方です。シンプルながらも力強さと暖かさを持つ唐津焼、日本独自の美意識である侘び寂びにも繋がる器のシンプルさは、手持ちの器とも合わせやすく、料理やお酒が映えるものばかりです。毎日の生活で使ってこそ良さが際立つ「用の美」の器を、ぜひ手に取って見てみてください。